輪工房

  • コンセプト
  • こだわり
  • デザイン
  • 厳選素材

コンセプト

指輪たち

生まれた

東京・下町。その小さな工房は、東京の下町にありました。
その小さな工房は、金やプラチナという高価な材料を使って、
真面目に、直向きに指輪を造り続けてきました。

けして手を抜かず、優しく、丁寧に、若い職人達は力を合わせ、
自分達の技術を高めていきました。

作品である「指輪達」が、お客様から格別の満足感を感じて頂けるように。

幸運にも腕の良い職人達が、1つの工房で出逢い、さらに幸運な事に、自分達の技術を最大限に活かせる仕事にも出逢い、たくさんの「出逢い」と「幸運」の輪 ( わ )によって、次々に新しい指輪達が誕生したのです。

永遠のはじまり

いつの頃からか、私達のアトリエは「輪工房」と呼ばれるようになりました。
たくさんのお客様とふれあい、作り手とお客様との「輪 ( わ ) 」を築き上げる事。
ブランド「輪 ( りん ) 」はこうして誕生しました。
「輪」の職人達は、マリッジリングには特にこだわりを持ちました。
お客様の幸せを守る最も大切な指輪であり、どんなジュエリーよりも運命的な役割を担って、毎日御愛用頂く指輪となるからです。
緊張感漂う工房の屋根の下、職人達は皆同じ気持ちで作業を続けています。
「輪」は「出会い」と「幸運」、「人」と「人」を結び続ける。「輪」は、どこまでもつながっている。「輪」は永遠のはじまり。

写真